注目の記事 ピックアップ!

法定相続人って誰のこと!?

法定相続人って、誰のことを指すのか。
何となく、血縁関係者の中から選ばれるようなイメージだけど…。
どこまでの範囲が法定相続人になるのか、気になりますよね。

今回は、『法定相続人って誰のこと?』を中心に、
詳しく解説していきたいと思います。

法定相続人って誰のこと?

故人が遺言によって相続人を指定していない場合には、
誰が相続人となるのかが、民法により定められています。

その相続人のことを「法定相続人(ほうていそうぞくにん)」といいます。

故人に配偶者がいる場合には、
配偶者は常に法定相続人となります。
配偶者以外は、次の順番で相続人となります。

配偶者 配偶者たる相続人
血族相続人
父母や祖父母
兄弟姉妹

第1順位としては、
故人の子や孫といった直系卑属(ちょっけいひぞく)が該当します。
子や孫がいる場合には、以下の順位の相続人には相続分は発生しません。
子も孫もどちらもいる場合には、
死亡した方により近い世代である子の方が優先されます。

第2順位としては、
故人の父母や祖父母といった直系尊属(ちょっけいそんぞく)が該当します。
父母も祖父母もいる場合には、死亡した方により近い世代である父母の方が優先されます。
子や孫といった第1順位の相続人がいない場合に限り、相続人となります。

第3順位としては、故人の兄弟姉妹が該当します。
第1順位、第2順位の相続人がいない場合に限り、初めて相続人となります。

なお、相続を放棄した人については、はじめから相続人でなかったものとされます。
また、内縁関係の人は相続人には含まれませんので注意が必要です。

結婚相手に連れ子がいた場合には、
その連れ子と被相続人には血のつながりがないため、
連れ子は相続人にはなれません。
そのため、養子縁組を済ませておく必要があります。

配偶者がいる場合
配偶者 子や父母、
兄弟姉妹もいない場合
配偶者が全てを相続
第一順位 配偶者と子のみの場合 配偶者:2分の1
子:2分の1
第二順位 配偶者と親のみの場合 配偶者:3分の2
親:3分の1
第三順位 配偶者と兄弟姉妹のみの場合 配偶者:4分の3
兄弟姉妹:4分の1
配偶者がいない場合
子どものみ 複数人いる場合には等分する 子が3人いれば3等分する
子と孫がいる 子がすでに亡くなっている場合に孫がいれば、その子の相続分を孫が引き継ぐ 3人の子のうち、1人がすでに亡くなっている場合には、その相続分を孫の人数で等分する

法定相続分の割合はどうなっているのか

配偶者と子が相続人である場合には、
配偶者に2分の1、子に2分の1となります。

子供が複数人いる場合には、
その複数人で2分の1を分けることになります。

配偶者と父母が相続人の場合には、
配偶者が3分の2を、父母が残り3分の1を分けることになります。

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合には、
配偶者が4分の3を、兄弟姉妹は残り4分の1を分けることになります。

なお、民法における『法定相続分』は、
相続人の間で遺産分割の合意が出来なかった時の遺産の取り分を示しており、
必ずこの相続分で遺産の分割をしなければならないというものではありません。

相続人を確定させるために

相続人となるのは、上記のように配偶者および一定の血縁関係にある親族です。
加えて、前妻との間に認知した子も相続人となります。

そのため、被相続人が生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍を取り寄せ、
誰が相続人になるかを確定させましょう。

具体的な方法は以下のとおりです。

まずは死亡した時点での本籍地で戸籍謄本を取り寄せます。
本籍地が分からない場合には、
住所地の役所で本籍が記載された住民票を入手するなどの方法で把握します。
そこから過去に一つずつさかのぼっていき、
最終的に出生時のものに行き着くことになります。

なお、戸籍謄本の取り寄せいが出来るのは、
戸籍に記載されている本人やその配偶者、
子や孫、父母、祖父母のほか、
依頼者の委任状を受けた代理人、となっています。

相続人を確定させずに、話し合いを進めてしまうと、
後々新たな相続人の存在が判明した場合には、
その話し合いは無効になります。

今回は、『法定相続人って誰のこと?』を中心に、
法定相続分の割合や、相続人を確定させる方法を交えながら解説してきました。

最後までお読みいただき、有難うございました!

関連記事

  1. 抵当権のついた不動産について

  2. 平成30年度の民法改正による5つのポイントとは

  3. 生産緑地2022年問題に対する3つの対処法とは?

  4. 相続よくある9つの質問について

  5. 自筆証書遺言の保管制度の創設について

  6. 生産緑地の2022年問題とは?

  7. みなし相続財産となる死亡保険金と死亡退職金について

  8. 内縁の妻(夫)に、財産を残す3つの方法とは?

  9. 早く知っていれば良かった!みんなも悩んだ9つのコト

相続ビジネス勉強会参加者募集中
新着記事
  1. まずはコレ!大事業承継時代を乗り切るための5つのポイント
  2. イチから学ぶ!贈与ついて
  3. 今さら聞けない!サブリースついて
人気記事ランキング
  1. 第4期 取得講座+検定試験
  2. 第3期 取得講座+検定試験
PAGE TOP