注目の記事 ピックアップ!

富裕層とは、どのような人たちなのか

先日の新聞誌面において、以下のような内容の掲載がありました。

「全国の国税局が今年6月までの1年間に実施した個人の所得税の調査で、富裕層の申告漏れが過去最高の670億円(前年比51・9%増)に上ったことが国税庁のまとめでわかった。調査した5219件のうち4269件で申告漏れがあり、追徴税額は177億円(同39・4%増)だった。」
https://www.asahi.com/articles/ASLCY56YMLCYUTIL02N.html

皆さんは、「富裕層」がどのような方々かイメージ出来ますか?何となくお金持ちなのだろうな、といったぼんやりとしたイメージの方が多いかと思われます。

今回は、「富裕層とは、どのような人たちなのか」、について詳しく説明していきます。

  • 超富裕層:資産5億円以上
  • 富裕層:資産1億円以上5億円未満
  • 準富裕層:資産5,000万円以上1億円未満
  • アッパーマス層:資産3,000万円以上5,000万円未満
  • マス層:3,000万円未満

また、電通グループのファッション業界専門広告会社ザ・ゴールでは、世帯年収が2000万円以上で金融資産5000万円以上の人々をリッチ層(富裕層)と位置付けています。
https://dentsu-ho.com/articles/4340

ちなみに国税局では、調査に支障があるとして、富裕層の具体的基準を明らかにはしていません。ですが、以前に日経新聞では、その選定基準とされているであろう10の項目が掲載されていました。選定基準は以下のとおりです。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO91289460T00C15A9EA1000/

  1. 有価証券の年間配当4000万円以上
  2. 所有株式800万株(口)以上
  3. 貸金の貸付元本1億円以上
  4. 貸家などの不動産所得1億円以上
  5. 所得合計額が1億円以上
  6. 譲渡所得および山林所得の収入金額10億円以上
  7. 所得資産4億円以上
  8. 相続などの取得財産5億円以上
  9. 非上場株式の譲渡収入の10億円以上または上場株式の譲渡所得1億円以上かつ45歳以上の者
  10. 継続的または大口の海外取引がある者、または1~9の該当者で海外取引がある者

富裕層と一般層の違いについて

それでは、「富裕層」と「一般層」では、どのような違いがあるのでしょうか。以下、電通の調査から抜粋してお伝えしたいと思います。
https://dentsu-ho.com/articles/4340
まず、資産運用に関してですが、富裕層の方が、リスクを冒してもハイリターンを望む傾向があります。富裕層30.3%に対し、一般層は9.5%にとどまっています。

次に、ライフスタイル意識についてです。これは意外な結果でしたが、「自分のよりどころをお金」と考える富裕層は多く、78.2%にも達しています。対して一般層は32.5%と、顕著に違いが見られています。

ファッションに対する意識についてですが、ファッションとは自己表現であり、自分をより魅力的に演出するものと捉えており、ファッションアイテムへの投資を惜しまない方が多く見られます。一般層が14.1%であるのに対し、富裕層は48.0%と約3倍となっています。

最後に、消費スタイルに関してですが、富裕層の百貨店外商の利用率は35.8%となっています。価格よりも品質重視で購入する人が66%を占めており、衝動買いはせず、無駄なモノにはお金を使わないといった傾向が見られています。

何となく、富裕層のイメージがハッキリとしてきましたでしょうか?

今回は、「富裕層とは、どのような人たちなのか」について解説してきました。
最後までお読みいただき、有難うございました!

関連記事

  1. 金融機関に必要な5つの書類とは

  2. 増加傾向にある「改葬」について

  3. 最新の相続状況について

  4. 生前贈与について、もう一度学ぶ

  5. 亡くなった親の口座はどうなるの?

  6. 動産について

  7. 「遺書」「遺言書」「エンディングノート」の違いとは?

  8. 控除には、どのようなものがあるの!?

  9. 知っておくべき!遺言に関する8つのコト

相続ビジネス勉強会参加者募集中
新着記事
  1. まずはコレ!大事業承継時代を乗り切るための5つのポイント
  2. イチから学ぶ!贈与ついて
  3. 今さら聞けない!サブリースついて
人気記事ランキング
  1. 第4期 取得講座+検定試験
  2. 第3期 取得講座+検定試験
PAGE TOP