注目の記事 ピックアップ!

戸籍調査について

財産の受け取りに大きな影響を与える要因に、財産の内容や財産額があります。加えて、誰が財産を受け取る権利を持っていて、何人いるのかといった点も重要となります。相続人が誰か分からない状態では、遺産分割協議は成り立ちません。ですので、まずは相続人を確定させるためにも、戸籍調査が必要となります。

今回は、「戸籍の歴史」「戸籍調査について」、詳しく説明していきます。

戸籍の歴史

戸籍調査について説明する前に、簡単に戸籍の歴史を述べたいと思います。

日本で初めて本格的な戸籍制度が開始されたのは、「明治5年式戸籍」からです。この戸籍は実施の年の干支が壬申(みずのえさる)の年だったので、一般に「壬申戸籍」(じんしんこせき)とも言われています。戸籍の編成単位は「戸」で、本籍は住所地とされ、現在の住民票の役割もはたしていたようです。特徴的だったのは、「皇族、華族、士族、平民」といった身分事項の登録があった事です。また一般庶民は、「農工商雑」といった職業及び業種も記載事項となっていました。

その後、明治31年式戸籍においては、「家」を基本単位とする戸籍制度が開始されました。また、同年に制定された民法(旧民法)では、人の身分関係に関しても詳細な規定を設けられることになり、本籍地、前戸主、前戸主との続柄、戸主となりたる原因及び年月日、家族との続柄等も記載されていました。
それから時を経て、戦後の昭和23年には、新しい戸籍法が施行されました。戦前には、「家」を基本単位としていたのに対して、夫婦とその子供(2世代)が基本単位とされることになりました。つまり「家制度」が廃止され、親子単位の登録に変更になったのです。「戸主」は特段の権利をもたない「筆頭者」に置き換わり、現在の戸籍制度が確立しました。平成16年には、パソコンのオンライン上で戸籍手続を可能とする法改正も実施されました。

戸籍調査について

戸籍は家族単位で編製されていますので、婚姻の際には親の戸籍から外れ、配偶者との新たな戸籍が作られます。同様に、死亡した場合にも、戸籍から外れます。

このように、戸籍から外れることを除籍と呼びます。結婚や死亡、本籍の変更などにより除籍となり記されている人がいなくなった戸籍は、役所にて「除籍謄本」として保存されます。

被相続人の調査の際には、被相続人の出生から死亡までの期間の戸籍謄本を調べます。まず始めに、死亡した時点での本籍地で戸籍謄本を取り寄せます。本籍地がよく分からない場合には、住所地の役所で本籍が記載された除票を入手することで把握できます。そこから過去に一つ一つさかのぼっていき、最終的に出生時まで行き着くことになります。

戸籍の編製事項に書かれた作成年月日が、ひとつ前の戸籍謄本(除籍謄本)の有効日と連続していれば、それらの間には他の戸籍がないことが分かります。間が空いている場合には、被相続人がその期間に子どもを認知している可能性を否定できないので、必ず連続させるように戸籍謄本を収集しましょう。

 
今回は、「戸籍の歴史」「戸籍調査について」解説してきました。
最後までお読みいただき、有難うございました!

関連記事

  1. 内縁の妻(夫)に、財産を残す3つの方法とは?

  2. 相続知財鑑定士 第1回 取得講座+検定試験

  3. 相続放棄を行うには、どうすればよいのか!?

  4. 自筆証書遺言の保管制度の創設について

  5. ついにスタート!2019年7月1日施行は、この4つ!

  6. 相続知財鑑定士 設立記念セミナー

  7. 特別の寄与制度の創設について

  8. 遺贈に関する2つの調査結果

  9. 第1回 相続ビジネス勉強会

相続ビジネス勉強会参加者募集中
新着記事
  1. 公正証書で事前対策すべき4つの契約とは!?
  2. 第3回ビジネスモデル勉強会 第3回 相続ビジネス勉強会
  3. 知らなきゃ損!課税対象額を減らす3つの施策とは
人気記事ランキング
  1. 第4期 取得講座+検定試験
  2. 第3期 取得講座+検定試験
PAGE TOP