注目の記事 ピックアップ!

抵当権のついた不動産について

何となく聞いたことはあるけれど、正直くわしい事は分からない、そういう事って意外とありますよね。「抵当権」についても、あまり詳しくご存知ない方が多いかもしれませんね。
今回は、「抵当権のついた不動産」について、詳しく説明していきますね。

そもそも抵当権とは

「抵当権」とは、債務者が債務の担保に提供した不動産に対して、他の債権者に優先して弁済を受けることのできる権利を意味します。

例えばですが、本人がAさんから借金をしたため、その担保として本人の所有する土地にAさんのための抵当権が設定された場合で説明したいと思います。最初はスムーズに返済されていた借金が、後々に滞った場合、Aさんは抵当権に基づいてこの土地を競売にかけることで、その売却代金から優先して弁済を受けることが出来ることが可能となります。

ちなみに、不動産の「登記事項証明書」を取り寄せて調べることで、「抵当権」の存在を知ることが可能です。ですので、相続財産に不動産がある場合には、トラブルを回避のためにも、不動産の「登記事項証明書」を取り寄せることをお勧めします。

抵当権は誰が相続することになるのか

では、抵当権の設定がされている不動産を引き継いだ場合には、支払いが完了していない借金までも支払う義務があるのでしょうか。気になるところですよね。 基本的には、不動産を相続したならば、それに付随してくるものについては、相続人が引き継ぐことになります。ただし、相続財産は、それぞれの財産の相続人が決まるまでは、相続人全員の共有のものであるため、完済されずに借金が残っていた場合には、まずは相続人全員で返済を行っていくこととなります。

抵当権の抹消について

抵当権付きの不動産以外にも遺産があり、遺産全体の額が債務を弁済するのに十分な場合には、遺産から債務を弁済した上で不動産に設定された抵当権を抹消することが可能です。

しかし、抵当権付きの不動産のみの場合にはどうしたらよいでしょうか。債務額よりも抵当権の付いた不動産の価格の方が高ければ、不動産を売却して売却代金で債務を弁済します。
対して、債務額が抵当権の付いた不動産の価格を上回っている場合には、そのまま不動産を売却することは出来ません。そのため、この場合には、債務を弁済して抵当権を抹消した上でないと売却はできないことになり、売却代金で足りない分は別途に弁済資金を用意する必要があります。

住宅ローンに関する抵当権が設定されている場合には、ほとんどの場合において、住宅ローンを組む時点で、債務者が団体信用生命保険に加入しています。その場合には、保険金が住宅ローンの残債務の弁済に充てられますので、被相続人の死亡によって債務は消滅することになります。

抵当権が残っているのは、借金が残っているからなのか

実は、借金を返し終わっていても、「抵当権」が残ったままということあります。例えば、住宅ローンを払い終え、銀行への借金がなくなった場合には、その銀行から完済証明書をもらい、法務局で抵当権抹消登記を行います。

しかし、この手続きを怠っていた場合、借金を完済したにも関わらず、不動産に「抵当権」が残ったままになってしまうので注意が必要となります。
そのため、抵当権付きの不動産を相続される場合には、金融機関に、住宅ローンの残りがあるか聞き取り、並行して、住宅ローンなどの契約書を詳しく調べるといった事が必要となっていきます。

今回は、「抵当権のついた不動産」について、解説してきました。
最後までお読みいただき、有難うございました!

関連記事

  1. そもそも認知症とは?

  2. 介護認定調査について

  3. 第4期 取得講座+検定試験

    相続知財鑑定士 第4回 取得講座+検定試験

  4. 相続知財鑑定士 第2回 取得講座+検定試験

  5. 相続知財鑑定士 第1回 取得講座+検定試験

  6. 「遺書」「遺言書」「エンディングノート」の違いとは?

  7. 法定相続情報証明制度について

  8. 早く知っていれば良かった!みんなも悩んだ9つのコト

  9. 金融機関に必要な5つの書類とは

相続ビジネス勉強会参加者募集中
新着記事
  1. まずはコレ!大事業承継時代を乗り切るための5つのポイント
  2. イチから学ぶ!贈与ついて
  3. 今さら聞けない!サブリースついて
人気記事ランキング
  1. 第4期 取得講座+検定試験
  2. 第3期 取得講座+検定試験
PAGE TOP